後からジワジワ効いてくる会話テクニック

今回もちょっとした会話テクニックを紹介します。
後からジワジワ効いてくる会話法なので是非実践してみてくださいね。

それは相手の名前をできるだけ呼ぶことです。
名字では無く、名前で呼ぶことが相手からの好感度アップに繋がります。
名前を呼べるまで時間がかかる人もいれば、あっという間に言える人もいるでしょう。
いきなり呼び捨てというわけにもいかないと思うので、男性だったら「○○くん」、女性だったら「○○ちゃん」をつけて名前を呼んでみてください。

自分の名前を呼んでもらうというのは、皆さんが思っているよりも好感度が上がります。
これはジワジワと後から効いてくる効果があるので、会話の中にできるだけ名前を呼ぶ機会を増やしてみてください。

「あれ取ってもらっても良い?」ではなく「○○くん、あれ取ってもらっても良い?」と名前を交えて会話すれば良いだけのお話なのでとても簡単だと思います。
たぶん、まだ会ったばかりの二人であれば、名前を呼ばれるだけでハッとすると思います。

これはちょっとしたアピールにもなります。
自分はあなたのことを個人として意識してますよ、とジワジワアピールしていることになるんです。
もし同じ職場などで名前を呼ぶタイミングが無いと言う人は「私のこと○○と呼んでください」と名前で呼んでもらうようにお願いしてみてください。
それから「○○さんと呼んでもいいですか?」などが自然な流れだと思いますよ。

何回も言うようですが、これはジワジワ効いてくるテクニックです。
自分が好意を抱いていることがなかなか伝わらないという人はまずここから始めてみることをオススメします。