一歩突っ込んだ褒める恋愛テクニック

今回はとても有名な恋愛テクニックの1つである「褒める」ということ。
しかし単に褒めると一言で言っても様々だと思います。
それでは、どのような褒め方が効果的なのか説明してみようと思います。

極論ですが、人は褒められて嬉しくない人はいないと思います。
だからこそ、この褒めるという行為は恋愛においても有名なテクニックの1つなのだと思います。
これは長く付き合う秘訣でもあり、より良い夫婦を目指すためにも褒めるということはとても効果的です。
ましてや一番盛り上がる恋愛の初期段階において褒めるということは最も効果的なのではないでしょうか。

しかし、ただただ褒めまくるというだけでは長続きはしませんし、相手から「本当にそう思ってるの?」と思われてもおかしくありません。
具体的に何が良いのか、一言だけでも付け足してみましょう。

例えば「今日の服装可愛いね」というのはよくある褒め方ですが、最適な褒め方は「今日の服装の色合い可愛いね」になります。
つまりもう一歩具体的に褒めることでリアリティがグンと増します。

料理を作ってくれたのであれば「この料理美味しいね」ではあと一歩です。
「この料理の塩加減がぼく好みで美味しい」ともうちょっと踏み込んだ褒め方をしてみてください。
ただ、知ったかぶりは良くないのでそれだけはご注意を。

恥ずかしくて褒められないという人もいると思いますが、そこは勇気を出して褒めてあげてください。
または、自分が何を褒められたら嬉しいかと考えたらとても簡単ではないですか?
「服装」と大きく括られて褒められるよりは、「その靴」と褒められた方が嬉しいと思いませんか?
自分が褒められて嬉しい事を相手に褒める。
これが褒めるテクニック法だと思います。